琵琶湖博物館関係者のWWWページ

様々な立場で「琵琶湖博物館のスタッフ」として 活動している(いた)人々が発信する、 琵琶湖博物館に関するページを集めてみました。

博物館に常駐している業者

(株)コングレ

 契約上の表現では「常設展示運営補助案内業務」の受託業者 ということになりますが、 要するに、館内常設展示室に常駐して来館者の方々と日常接している 展示交流員の雇い主です。 展示交流員の仕事をまとめて「業務委託」する形で県と業者が契約し、 その業者のスタッフが館内で業務にあたるという形態を採っているのです。

(株)環境総合テクノス(旧 関西総合環境センター)

 展示交流員と同様の契約形態で活動している 水族飼育員の雇い主です。 琵琶湖博物館の水族展示は淡水魚のものとしては日本最大であり、 水族担当学芸職員や水産学担当学芸職員(あわせて5名)では運営しきれないので、 「水族飼育管理業務」と称する業務を委託して、 学芸職員の指示により遂行しています。

(株)おいでや

 館内正面入口を入って真っ直ぐ進んだ左側、企画展示室の隣にある ミュージアムショップで、琵琶湖博物館の図録やオリジナル商品の他、 琵琶湖博物館の活動に関係のあるグッズや書籍などを販売しています。

(株)南洋軒

 館内正面入口を入って真っ直ぐ進んだ左奥、 琵琶湖側を望む場所にあるレストラン「にほのうみ」を経営しています。

常駐していない(または常駐者以外の役割が大きい)業者

(株)乃村工藝社

 常設展示の設計施工を行った業者です。 現在も維持管理業務を委託しており、 1名が常駐して博物館職員と協力して日常的な小規模補修を担当すると共に、 定期保守や中規模の随時補修の際には必要な人数が繰り出してきます。

 以前は、広報誌「Complex Design」のバックナンバーが掲載されていて、 琵琶湖博物館に関する特集記事もあったのですが、 今は簡単な業績リストにしか載っていないようです。

(株)丹青社

 1998年の企画展 「近江はトンボの宝庫」設計施工や、 2002年の企画展 「中世のむら探検」設計施工を 委託した業者です。

(株)創造社

常設展示室内の 「民家の復元」や2000年の企画展 「湖の魚・漁・食」における商店街の復元に関わった業者です。

(株)日建設計

 博物館建物の設計と施工管理を滋賀県土木部建築課と共同して行った業者です。

 以前に掲載されていた事例紹介はなくなっているようですが、 「環境親話」と称して 「緑」「水の循環利用」 に着目した「代表的な事例の紹介」としても採り上げられています。

ともデザイン工房(デッドリンク)

 琵琶湖博物館展示交流員の ユニフォームを作った服飾デザイナーです。

スタッフ(だった人)の個人ページ

不滅のLBM

 現役展示交流員の一人が、 現場の目から見た情報発信をしています。

琵琶湖博物館 Side-B(デッドリンク)

 琵琶湖博物館情報システムの開発や保守管理を 受託していた業者の職員だった人が、当時から運営していたサイトを 復活新装したものです。



2002年5月23日WWW公開用初稿/2004年12月1日最終改訂

戸田孝の私設琵琶湖博物館へ戻る

Copyright © 2002 by TODA, Takashi