滋賀県内の閉鎖した博物館施設

 2000年8月以来、滋賀県博協未加盟館一覧表で、 滋賀県内の博物館施設に関するインターネット上の情報を公開していますが、 この一覧表は、「漏れなく網羅」することを目指して、 とにかく名前が見つかったものは全て掲載することを基本方針にしています。 そのため、中にはまともに活動していない施設も 多数含まれていると思われるのですが、逐一検討できずにいます。

 この方針と整合性を持たせるため、 既に活動していないことが判っている施設も、 敢えて除きませんでした。 そのような施設について、判っている範囲で紹介します。

石心館

 県内で地学の研究をしているアマチュアグループが、 草津駅近くの栗東町(当時)域内にある喫茶店の一角を利用して、 岩石や化石などの標本を展示していたものです。 この喫茶店は、アマチュア化石研究者としても有名な、 地元で皮膚科医師をされている方の家族の方が、 医院の隣で営業している店です。 現在でも、展示ケースなどが残っているとのことです。

 石心館を開館した背景には、 県内には地学資料を安心して託せる博物館が無いということがあったようで、 石心館自体、 滋賀県博物館協議会の メンバーでした。 その後、琵琶湖博物館の 開館に合わせて資料を寄贈し、石心館としての博物館活動は発展的に解消しました。 なお、地学資料を扱う博物館としては、その後、 多賀の自然と文化の館 みなくち子どもの森が設立されています。

びわ湖自然科学博物館

 冬にはスキー場として賑わう びわ湖バレイの山麓駐車場で、 地学分野を中心とする展示を夏季に公開していたのですが、 1990年ごろに閉鎖されたようです。 (公式には1997年に廃業したことになっているそうですが、 それ以前から公開を停止していたようです)

七りん館

 元々、地元の篤志家が古い民家を買い取って民具の展示をしていたのですが、 町へ寄贈されることになり、それを契機として、 「お市の里浅井町歴史民俗資料館」が設立されることになりました。 そして、同館を構成する屋外展示として利用するため、 その構内に移築され、独立した博物館施設では無くなっています。


2003年11月3日初稿

戸田孝の私設琵琶湖博物館へ戻る
Copyright © 2003 by TODA, Takashi