展示

集う・使う・創る 新空間

地域の人びとが、自分たちが行っている活動や考えなどについて情報を発信し、来館された方々と意見を交換し、交流を深めていただくための空間です。 ポスターの掲示や小規模な展示を行うことができます。


TANAKAMI こども環境クラブ2015年度の活動報告
期 間:平成28(2016)年4月2日(土)~4月30日(土)
主 催:TANAKAMI こども環境クラブ
趣 旨:TANAKAMI こども環境クラブの活動および大津市田上地域の自然を紹介します。
内 容:大津市田上地域にある田上教育キャンプ場周辺の自然と、こども環境クラブ2015年度の活動を紹介します。
交流活動:土曜日、日曜日に解説を行います。
新空間で展示いただく方を募集します

新空間では、地域の人びとによる展示や催しの募集を始めました。利用を希望される方は、利用規約(96KB)の内容をご確認の上、事前にお電話でご相談ください。 ご相談をお受けした後、申込用紙(30KB)に必要事項を記入し郵送にてお申込みいただきます。また、展示終了後に報告書(29KB)の提出をお願いしております。

※ 利用希望期間の重複があった場合には、基本的にご相談をお受けした順に展示いただきますので、ご希望ございましたら早めにご相談ください。

問い合わせ:琵琶湖博物館 展示担当 077-568-4811(代)〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地

同志社小学校「道草展」~自分をとりまく様々なつながりに目を向けて~
期 間:平成28(2016)年3月5日(土)~3月29日(火)
主 催:同志社小学校
趣 旨:同志社小学校では、子供たち一人ひとりの感性や思考力を育む道草教育を実践しています。道草教育を通じて学んできた児童の取り組みを様々な形で紹介します。
内 容:子供たち自身の興味や関心を出発点とした「道草の学び」。その中から、自然界でたくましく生きる動植物、人々のくらし、ゴミや公害など 地球の環境に関わる問題についての研究を中心に児童の活動の様子や作品を展示します。
交流活動:3月19日(土) 10時~12時 教員と児童による展示物の説明会を実施します。
まんぽの世界展
期 間:平成28(2016)年2月2日(火)~2月28日(日)
主 催:森野 秀三
趣 旨:滋賀県の湖南地域には天井川の下をくぐるために造られた「まんぽ」と呼ばれるトンネルがあります。「まんぽ」など奥深いトンネルの世界を紹介します。
内 容:「まんぽ」をはじめ、道路や鉄道トンネル、農業用地下水路の写真および設計図の写しなどを展示します。「まんぽ」「マンボ」「マンボウ」「まんぷ」「マブ」「穴門」「横井戸」などいろいろな呼び方があるトンネルの世界をご覧ください。
交流活動:未定
15周年を迎えた 冬の使者「コハクチョウと仲間たち」環境展 -びわ湖を美しく いつまでも残したい良い環境-
期 間:平成27(2015)年12月20日(日)~平成28(2016)年1月31日(日)
主 催:環境ボランティア 草津湖岸コハクチョウを愛する会
趣 旨:次世代の子供たちが自然にふれあうことができ、水鳥たちが安心して草津の湖岸に来てくれる環境を守るための啓発活動を紹介します
内 容:コハクチョウの記録写真や環境啓発写真、コハクチョウのはく製標本を展示し、結成15周年を迎えるコハクチョウを愛する会の活動を紹介します
交流活動:草津水鳥観察所で水鳥観察会を希望する学校・団体に実施する予定です(要相談)
写真展『西アフリカ ブルキナファソ国と恵みの水』
期 間:平成27(2015)年11月7日(土)~12月6日(日)
主 催:ブルキナファソを知る会
趣 旨:西アフリカのブルキナファソはサブサハラの内陸国です。ブルキナファソの水事情について知っていただき、水資源の重要性について考えて頂ける展示を行います。
内 容:ブルキナファソの水事情についてのパネルや生活・風景の写真を展示します。
交流活動:11月7日(土)10時~15時 展示交流を行います。
はしかけグループ温故写新 「温故写新な10年」
期 間:平成27(2015)年10月3日(土)~10月30日(金)
主 催:はしかけグループ温故写新
趣 旨:2005年に誕生したはしかけグループ「温故写新」の活動10周年を記念して、10年間の活動、メンバーが撮影した自慢の写真を展示します。また、博物館の映像資料として残されている大橋宇三郎さんが撮影した写真や愛用していたカメラも展示します。
内 容:【パネル展示】温故写新10年間のあゆみ、【写真展示】『私の一枚』、【特別展示】大橋宇三郎さんの撮影した写真と現在の今昔写真、大橋さんが使用していたカメラの展示
交流活動:メンバーが適時展示会場にいますのでぜひ話しかけてみてください。
「びわこ環境フェスタ2015 ~みんなでウォーターパラダイスへ行こう~」の報告
期 間:平成27(2015)年9月8日(火)~9月30日(水)
主 催:一般社団法人長浜商工会議所
趣 旨:琵琶湖に対しての環境の啓発を県民に広く発信し紹介します。
内 容:びわ湖環境フェスタ2015の事業や琵琶湖に対しての環境の啓発について展示します。
鉱物の楽しみ方
期 間:平成27(2015)年8月7日(金)~8月31日(月)
主 催:八日市地学趣味の会(代表者氏名:磯部 敏雄)
趣 旨:滋賀県で採集された鉱物を紹介することで、貴重な標本が産出することや鉱物の面白さを紹介します。
内 容:八日市地学趣味の会の活動紹介と滋賀県や周辺で採集した鉱物標本を展示します。
交流活動:標本展示・活動紹介を行う予定
楽しい化石採集
期 間:平成27(2015)年7月11日(土)~8月6日(木)
主 催:湖国もぐらの会
趣 旨:滋賀県の化石を採集したり調査したりする面白さを紹介します。
内 容:湖国もぐらの会の活動紹介と滋賀県や周辺で採集した化石標本を展示します
交流活動:化石紹介・展示解説を行う予定
びわ湖のトンボの自由研究展 ―なぜ、オオサカサナエはびわ湖の白ひげ浜に生まれるのか―
期 間:平成27(2015)年6月2日(火)~6月28日(日)※最終日は15時まで
主 催:白神大輝・白神慶太
趣 旨:白神兄弟が3年間調査・観察した琵琶湖にすむ絶滅危惧種のトンボの不思議な生態や調査結果を展示します。トンボの魅力や飼育・観察法を伝え、希少トンボの保全の重要性を呼びかけます。
内 容:全国コンクールで上位受賞した自由研究の内容のほか、トンボや羽化殻の標本を展示します。
交流活動:6月6日、7日、13日、14日、20日、21日、27日 14:00~ 約7分間プレゼンテーションを行います。
「水辺の肖像」原画展 -淡海~上越後-
期 間:平成27(2015)年5月2日(土)~5月30日(土)※最終日は15時まで
主 催:安部 泰
趣 旨:琵琶湖畔で描かれた魚のイラストレーションを中心に、水辺に関わるグラフィックデザインの作品を展示します。「ミュージアムショップおいでや」にて販売中のポストカードの原画も含まれます。
内 容:イラストレーション30~40点、及びポスター、その他
交流活動:作家在廊日 5月2日(土) 14時からギャラリートーク等(予定)
みんなで調べよう!滋賀のタンポポ!!
期 間:平成27(2015)年4月1日(水)~4月30日(木)
主 催:タンポポ調査・西日本実行委員会
趣 旨:滋賀のタンポポについて紹介し、2015年3月から5月末にかけて西日本の19府県で実施されている「タンポポ調査・西日本2015」への参加を広く呼びかけるものです。
内 容:「タンポポ調査・西日本2015」の内容について説明し、調査への参加をよびかけるものです。調査の概要や参加方法などをお知らせすると同時に、滋賀で見られる主な8種類のタンポポの見分け方や、これまでの調査で分かった分布や特徴などを紹介し、タンポポに親しむ場を作りたいと思います。
交流活動:4月4日(土)、4月5日(日)の2日間、それぞれ10:30~、13:30~の各2回、タンポポ調査説明会を行います。