これまでの展示(企画展示室)

第23回企画展示:琵琶湖誕生-地層にねむる7つの謎-

第23回企画展示:琵琶湖誕生

【開催期間】 2015年7月18日(土)~11月23日(月)

【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)

【場  所】 琵琶湖博物館 企画展示室

【料  金】大人(200円), 高・大学生(160円), 小・中学生(100円)

【主  催】 琵琶湖博物館

広いだけでなく日本一古く、世界でも有数の古い湖である琵琶湖の誕生と400万年の環境変化、生き物の謎について、豊富な化石と地層標本の展示で紹介します。とくに、普段目にすることが少ない、過去の琵琶湖がつくった地層の標本や、現在の日本にはいないゾウやワニなどの生き物の化石がご覧いただけます。

News

2015/11/23 企画展は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

2015/11/17 来場者7万人達成しました!ありがとうございます。

2015/11/06 企画展示最終月企画―オリジナル缶バッジプレゼントのご案内

2015/09/21 来場者5万人達成しました!ありがとうございます。

2015/09/01 企画展示用ワークシート(PDF)ができました。ダウンロード・印刷して、7つの謎に挑戦!

企画展示最終月企画―オリジナル缶バッジプレゼント(2015年11月)

企画展示オリジナル缶バッジ

企画展示用「ワークシート」が出来ました!(2015年9月)


ワークシートのダウンロード
全種類 ※以下のA・B・Cワークシート+解説編付 [3,340KB]
A 迷探偵からの挑戦状(全体編) [1,373KB]
B 迷探偵からの挑戦状(図に書き込む編) [1,912KB]
C 第23回企画展示 「琵琶湖誕生」を楽しむワークシート(地層編) [1,078KB]

展示解説書 ※館内ミュージアムショップ「おいでや」にて発売中!

企画展示23
第23回企画展示解説書 「琵琶湖誕生 -地層にねむる7つの謎-
  • 250円 (在庫あり)
  • B5サイズ/72ページ/260グラム
  • 平成27年(2015)7月18日発行

琵琶湖400万年のおいたちには、謎がいっぱいです。なぜ長く続いたの?、なぜ移動したのか?など、探偵・助手・コビーの案内で、琵琶湖の生い立ちにまつわる7つの謎に迫ります。


展示の「案内」役

迷探偵
迷探偵(謎に挑戦する探偵)
コビー
コビー(信楽焼の毒舌タヌキ)
助手
助手(たまにいいことを言う)

終了済みの関連イベント・展示


関連イベント※当日受付(申込不要)

タイトル 開催日時 開催場所 内 容 備 考
<企画展関連イベント>
ディスカバリーボックス「だれの足あと?」
企画展開催中(7月18日(土)~11月23日(月))の毎週土日 ディスカバリールーム  カウンター ※入室は16時まで(当日受付) 「あしあとかせき」って知ってる?大昔、琵琶湖の周りに住んでいたゾウやワニの足跡が化石になって発見されました。足あとの形を観察できる新しいディスカバリーボックスが土日限定で登場します! 参加無料
どなたでも(ただし小学生3年生以下は保護者同伴)
定員:なし
<企画展関連イベント>
化石スケッチ
企画展開催中(7月18日(土)~11月23日(月))の毎週土日 ディスカバリールーム  カウンター ※入室は16時まで(当日受付) 本物の化石をじっくり観察してスケッチにチャレンジ!ゾウの歯やアンモナイトの化石ってどんな形をしているでしょう。完成したスケッチは、ディスカバ入口の地層の壁に貼りつけることもできます。 参加無料
どなたでも(ただし小学生3年生以下は保護者同伴)
定員:なし

タイトル 開催期間 開催場所 内 容 備 考
360万年前の化石観察会 5月24日(日)

10:30~14:00

申込締切5月14日(木)
三重県伊賀市 琵琶湖の生い立ちの中で、はじめの湖があった三重県伊賀市で当時の湖でできた地層にある化石の観察を行います。 参加費100円(保険料含む)
どなたでも(ただし小学生以下は保護者同伴) 
定員 30名
230万年前の地層観察会 8月23日(日)

10:00~14:00

申込締切8月13日(木)
甲賀市(みなくち子どもの森) 企画展示で展示する地層があるみなくち子どもの森で、実際の地層を観察しながら地層の見方を学びます。また、火山灰の観察も行います。 参加費100円(保険料含む)
どなたでも(ただし小学生以下は保護者同伴) 
定員 20名
260万年前の化石観察会 10月11日(日)

10:30~14:00

申込締切10月1日(木)
湖南市 琵琶湖の生い立ちの中で、広い湖がなくなっていく時代にできた地層にのこる大型動物の足跡化石や植物の化石などを観察します。 参加費100円(保険料含む)
どなたでも(ただし小学生以下は保護者同伴) 
定員 30名
琵琶湖の湖底を探検 10月24日(土)

13:30~15:00

申込締切10月14日(水)
琵琶湖博物館
実習室2・企画展示室
穏やかに水をたたえる琵琶湖ですが、湖底は山あり谷ありとても複雑です。琵琶湖のミニ模型をつくりながら、琵琶湖について考えます。 <企画展示観覧券>が必要
どなたでも(ただし小学4年生以下は保護者同伴)
定員 30名

 

タイトル 開催日時 開催場所 内 容 備 考
<企画展関連イベント>
偏光☆万華鏡をつくろう
6月13日(土)

13:30~15:00
琵琶湖博物館
実習室2

(当日受付
13:00~13:30)
[偏光フィルム]という不思議なシートで、カラフルな光の万華鏡をつくります。また、偏光は鉱物顕微鏡にも使われているので、実際に火山灰や岩石の観察を行います。

共催:(琵琶湖博物館はしかけ) びわたん
参加無料
どなたでも(ただし小学4年生以下は保護者同伴)
定員:30名
<企画展関連イベント>
化石のレプリカづくり
9月12日(土)

13:30~15:00
琵琶湖博物館
実習室2

(当日受付
13:00~13:30)
石こうを使って化石のレプリカをつくった後、化石についてのお話を聞きます。

共催:(琵琶湖博物館はしかけ) びわたん
参加無料
どなたでも(ただし小学4年生以下は保護者同伴)
定員:30名
<企画展関連イベント>
植物化石を掘りだそう
10月10日(土)

13:30~15:00
琵琶湖博物館
実習室2

(当日受付
13:00~13:30)
学芸員から植物化石のことを教わりながら、実際に化石のクリーニングに挑戦します。

共催:(琵琶湖博物館はしかけ) びわたん
参加無料
どなたでも(ただし小学4年生以下は保護者同伴)
定員:30名

  タイトル 開催期間 開催場所 内 容 備 考
滋賀県立陶芸の森とのコラボ イベント※当日受付(申込不要) <企画展関連イベント>
願いを込めたタヌキをつくろう
8月29日(土)

13:30~15:00
琵琶湖博物館
実習室2

(当日受付
13:00~13:30)
焼かずに固まる粘土をつかって、信楽焼きで有名なタヌキをつくります。

共催:滋賀県立陶芸の森/世界にひとつの宝物づくり実行委員会
参加費:200円 (材料費)
どなたでも(ただし小学4年生以下は保護者同伴)
定員 30名

タイトル 開催期間 開催場所 内 容 備 考
平成27年度企画展示「琵琶湖誕生」関連ミニ展示 3月28日(土)~4月19日(日) 企画展示室 今年の7月から開催する琵琶湖の生い立ちの謎に関する企画展示を、ちょっと先取りで、展示予定の物をちょっとだけご覧いただけます。古琵琶湖にいた生き物の化石なども展示。 無料*常設展示は別途観覧券が必要です
=企画展示関連展示Ⅰ 琵琶湖誕生―地層にねむる7つの謎―= 8月4日(火)~9月6日(日) B展示室・土蔵風展示ケース 琵琶湖は、およそ四百万年という世界有数の長い生い立ちをもつ謎に満ちた湖です。本展示では、博物館活動の先覚者ともいえる、近江出身の木内石亭が集めた貝化石の絵、琵琶湖にのみ分布し、おいしいフナズシの原料となるニゴロブナの絵、近松寺(こんしょうじ)(三井寺五別所の一つ)から見おろした琵琶湖の眺(なが)め、湖水の深さと魚の特徴を記した史料の写本を展示し、江戸時代の琵琶湖の様子をうかがいます。 観覧料:常設展示観覧券でご覧いただけます。
=企画展示関連展示Ⅱ 琵琶湖誕生―地層にねむる7つの謎―= 9月8日(火)~10月25日(日) B展示室・土蔵風展示ケース 波が穏やかで浅瀬やヨシ帯の多い内湖周辺は、魚の産卵にも人の漁場(ぎょじょう)にも適しているため、縄文時代から数多くの集落が営まれてきました。今回は、琵琶湖最大の内湖である大中(だいなか)の湖(こ)をはじめとし、昭和の干拓事業で消失する以前の内湖を描いた地図を展示します。さらに、日本では絶滅したワニやサイを紹介した百科事典や、交趾(こうち)(ベトナム)から来た象を初めて見た人々の驚嘆ぶりがうかがえる江戸時代の史料を展示します。 観覧料:常設展示観覧券でご覧いただけます。