【琵琶湖博物館】 これまでの展示(企画展示室)

第20回企画展示

ニゴロ―の大冒険~フナから見た田んぼの生き物のにぎわい~


第20回企画展示 ニゴロ―の大冒険

【開催期間】 2012年7月14日(土)~11月25日(日)

【開館時間】 9:30~17:00(入館は16:30まで)

【観覧料金】 小・中学生 100円(80円) 高・大学生 160円(120円) 一般 200円(160円)


田んぼは生き物の宝庫。米づくりにともなう大きな環境変動の中で、多くの生き物がせめぎあいながら共存しています。この不思議な世界を、田んぼで生まれたニゴロブナ、ニゴロ―の目から見てみましょう。

企画展示20

【図録】
ニゴロ―の大冒険
~フナから見た田んぼの生き物のにぎわい~

  • 280円 (在庫あり)
  • B5版/77ページ/270g
  • 2012年7月14日発行

<ミュージアムショップ「おいでや」で販売>
田んぼで生まれたニゴロブナ、ニゴローの波乱万丈のフナ生をたどりながら、ニゴロブナとそれを取り巻く田んぼの生き物たちのくらしぶりを紹介します。田んぼの生き物の写真も満載!

◆ 企画展示関連イベント

体験プログラム 琵琶湖博物館わくわく探検隊○田んぼの不思議なエビたちを見てみよう!」
2012年6月9日(土)13:30~15:00 定員:30名(小学4年生以下は保護者同伴) 
場所:実習室2 当日受付
観察会○自然豊かな田んぼで生き物観察
2012年6月16日(土) 10:00~15:00 定員:20名(小学4年生以下は保護者同伴) 
場所:高島市朽木生杉 参加費300円(保険料,施設利用料含む) 応募締切:6月6日
体験プログラム 琵琶湖博物館わくわく探検隊○プランクトン模型をつくろう
2012年6月23日(土) 13:30~15:00 定員:30名(小学4年生以下は保護者同伴) 
場所:実習室2 当日受付
講座○保存食を科学する「ふなずし」
2012年8月4日(土) 10:00~12:00 定員:20名(小学6年生以下は保護者同伴) 
場所:実習室2 応募締切:7月25日
企画展示関連シンポジウム○田んぼに魚がやってきた
2012年11月3日(土・祝) 13:25~16:45 定員:230名 
場所:琵琶湖博物館ホール 応募締切:11月2日
企画展示担当者によるフロアトーク○ニゴローのこぼれ話
2012年 7月31日(火)、8月5日(日)、9月11日(火)、10月14日(日)、11月15日(木)
11:00~11:20 場所:企画展示室 申込不要
篠原館長によるフロアトーク○俳句に見る田んぼの生きものたち
2012年 8月19日(日)、9月16日(日)、11月18日(日) 11:00~11:20 
場所:企画展示室 申込不要

※フロアートークの日程は変更される場合があります。

◆ 企画展示関連の展示

常設展示室内で開催される企画展示関連の展示を紹介します。

B展示室収蔵資料展示○「企画展示関連企画Ⅰ 古文書でたどる、田んぼの様子と農民のくらし」
2012年8月7日(火)~9月9日(日) 場所:B展示室奥の壁面展示ケース
※常設展示観覧券でご覧いただけます
農作業の創意工夫がうかがえる書物や、田んぼの権利を証明する検地帳、田んぼの様子が描かれた地籍図(ちせきず)といった江戸時代から明治時代の史料を展示して、当時の田んぼの様子を紹介します。
B展示室収蔵資料展示○「企画展示関連企画Ⅱ 古文書でたどる、琵琶湖名産フナズシができるまで」
2012年9月11日(火)~10月14日(日) 場所:B展示室奥の壁面展示ケース
※常設展示観覧券でご覧いただけます
私たちの視覚に直接訴える『滋賀県管下近江国六郡物産図説』や『滋賀県近江国農商工便覧』といった興味深い史料を交えながら、琵琶湖で育ったフナが漁獲され、名産・フナズシとして販売されるまでの様子を探っていきます。

同時期に開催の第25回水族企画展示『ぼくらは田んぼの合唱団』は、 常設展示観覧券でご覧いただけます(2012/9/2まで)。<終了しました>

ページトップへ