「“わたしの宝もの”からはじめた採集標本や研究」

(八日市地学趣味の会の子ども達の展示)
●展示内容:小・中・高校生会員による採集標本や研究です。専門家、研究者から見れば一笑に付される内容かもしれませんが、誰でもはじめは“ぼくの宝物”からです。この心は研究者にも勝るとも劣りません。

「『鍾乳石とコンクリートつららの比較』など研究紹介」
 これまでに行った鉱物の4つの研究と採集した標本を見て下さい。(磯部(瑛))

「『滋賀県佐目風穴の骨化石を調べて』など研究紹介」
 これまでに行った鉱物の4つの研究と採集した標本を見て下さい。(磯部(晶))

「近隣県で採集した鉱物標本」
 滋賀県の周辺で採集した鉱物標本です。それぞれの標本の特徴をまとめました。(植村)

「滋賀県桐生還付状の水晶(石英)を調べて」
 桐生で採取した水晶ほかの標本です。鉱物の特徴をまとめて益富地学賞に応募しました。(麻原)

「私の採集した標本」
 滋賀県やいくつかの場所で、自分で採集してきた鉱物です。(川口)

「わたしの採集した標本」
 滋賀県とその周辺で採集した鉱物をみてください。(松本)


展示者:磯部(瑛)さん、磯部(晶)さん、植村さん、麻原さん、川口さん、松本さん

いくつかの画像を見ることができます.下のどれかをクリックしてください.
全体写真  その1  その2  その3  その4  その5 

もぐらの会トップへ