「三雲のコイ化石と市内地下の化石」

●展示内容: ・古琵琶湖層群蒲生累層まで生息していたコイでA2歯が1条の溝をもつメソキプリヌス亜属(咽頭歯化石)。・淡水貝のガマノセガイやチヂミドブガイの化石(長崎の中新世)。・広島市や大阪市地下のカニ化石や置換された貝化石

展示者: 山本さん

いくつかの画像を見ることができます.下のどれかをクリックしてください.
全体写真  その1  その2 

もぐらの会トップへ