「化石が語る日本の地史」

●展示内容: 秋吉台の博物館を出て、ドリーネの底で青空を見上げたとき、まるで石炭紀のサンゴ礁の海底にいるような気持ちになりました。そこから見つかる化石の数が多いほど、その景色は鮮明によみがえってきます。化石をもとに太古の海や大地のようすを探っていきたいと思います。

展示者: 新保さん

いくつかの画像を見ることができます.下のどれかをクリックしてください.
全体写真  その1  その2  その3  その4 

もぐらの会トップへ