「にっぽん足あと紀行」

●展示内容: 大正12年(1923)に日本ではじめて大むかしの動物がつけた足あとの化石が見つかった。それから87年、いま国内で約80ヶ所の山や川から恐竜やゾウやシカなどの足あと化石が見つかっている。そこで、みなさんとその足あとを追う旅に出てみようと思う。

展示者: 岡村さん

いくつかの画像を見ることができます.下のどれかをクリックしてください.
全体写真  その1  その2  その3 

もぐらの会トップへ