「アケボノゾウの復元」

●展示内容:  1993年に多賀町でほぼ一体分と考えられるアケボノゾウの骨格化石が発掘されました。この標本(多賀町立博物館の阿部さん)と、これらを元にどのようなゾウだったのか?を復元して(みなくち子どもの森の小西さん)、それを絵画に表しました(成安造形大学の小田さん)。これらの方々によってこの展示ができあがりました。

展示者: 多賀町立博物館・みなくち子どもの森・小田 隆(成安造形大)さん

もぐらの会トップへ