ぼくらの夢は無限大!
 〜三重県立博物館サポスタキッズの宝物〜

●展示内容: 三重県立博物館サポートスタッフの子ども達による展示です。

 ぼくは小さいときから恐竜や化石が大好きです。三重県立博物館のサポートスタッフになって、色々な所に化石採取に連れて行ってもらいました。白山町川口の工事現場によく行き、たくさんの貝化石などを見つけました。特に見てほしい化石は、大きなウニの化石です。(石川)

 「何が出てくるのかなぁ〜」と大地をコツコツひたすら掘って探し出した貝の化石です。夢は恐竜の化石探し〜その第一歩が、この化石標本です。大地の夢に向かって化石も大地の心もキラキラ輝いています!(鏡)

貝とレプリカ 化石を見つけたときは、やったぁ、です。母岩を割ってしまうこともありますが、ワクワク、ドキドキ、が伝わるといいなぁ。レプリカに色をぬりました。こんな色だったかな?という思いでぬりました。カラフルなレプリカを見てください。(金子)

 「新しい道路が造られる場所で化石が多く採れるよ」と教えてもらい、何度か足を運びました。今回の貝化石にはきれいに”歯”が残っているものがあるので、細部までじっくり見てもらえるとうれしいです。(小西)

 二年前から鉱物・化石採集を始めました。家族で藤原岳、宮妻峡などへ行っています。お気に入りは、友吾はウミユリ、元汰はトパーズです。見てください(西村兄弟)

「服部川の化石」 今回は服部川の河原で化石をとりました。地面はねん土しつで、やわらかかったです。とれたものは咽頭歯と何かわからない金属でした。この金属は、まるくておもく、さらに凹凸があります。でもなにかはわかりません。これからもこういうのを発掘したいです。(古市)


展示者: 石川さん、鏡さん、金子さん、小西さん、西村(友)さん、西村(元)さん、古市さん

いくつかの画像を見ることができます.下のどれかをクリックしてください.
全体写真  その1  その2 

もぐらの会トップへ