「謎の多い藍鉄鉱」

●展示内容:藍鉄鉱の実物・写真展示。古琵琶湖層群の中にたくさんの鉱物が含まれていることを示したい。
●ここに注目!日本最大の藍鉄鉱団塊
その理由:今まで日本で発見された泥層中の藍鉄鉱団塊は約10cmの大きさのものでしたが、今回私たちは、高島市朽木市場の安曇川川底から15.3cmもの日本最大の藍鉄鉱団塊を発見しました。

展示者:高島累層研究会

【採集のうれしかった事など】:なんと言っても巨大な藍鉄鉱が「ザクザク」と発見できたことです。 古琵琶湖層に行けば何かが見つかるという希望がいつももてたことです。化石しか考えなかったが、泥層中の鉱物という新しい広い視野がもてたことです。

もぐらの会トップへ