「ビカリアの海に続く道ー第二名神工事現場から産出した化石の教えてくれた遠い遠いむかしのものがたりー」

●展示内容:第二名神高速道路工事の時に調査結果を,鮎河層群より産出した化石(ビカリアなど)とパネルで紹介。
●ここに注目!(1)雨雲の化石(?)、(2)ビカリアの化石
その理由:(1)雨や雲が化石(?)になるなんてすごいと思いませんか。(2)掘っても掘ってもビカリア、またビカリア。写真でも、標本でも、本当のすごさが伝わらないのが、残念。

展示者:堆積環境研究会

【採集のうれしかった事など】:工事現場の人たちが、すごく親切だったこと。歩くたびに新しい発見があったこと。

もぐらの会トップへ