「滋賀県を中心とする近畿・中部地方の化石からわかる地球の歴史」

●展示内容:滋賀県とその周辺の地域をみると、日本の地史が一目でわかります。古生代シルル紀〜新生代第四紀更新世までの地史をこれらの地域から産出した化石をもとに、小学校高学年ぐらいの子どもたちにも理解できるように展示します。
●ここに注目!地域の地層や化石を調べると、日本の歴史が浮かび上がること。
その理由:滋賀県を中心にして、近畿・中部地方を眺めると、日本海側ほど古く、太平洋側ほど新しくなっている帯状の地質帯があります。滋賀県周辺の地層や化石、大地のしくみを調べると永い地球の歴史までが見えてきます。そのダイナミクスを化石や岩石を通して味わって頂ければ幸いです。

展示者:新保さん

【採集のうれしかった事など】:自然、地学、化石を通して、本当に多くの人たちに出会うことができ、いろいろなことを教えて頂けたことを大変うれしく思っています。巡検で各地を案内していただいたり、わからないことを親切に教えていただきました。地学がすき、化石がすきという共通の趣味を通して、お世話になった多くの人たちに心から感謝しています。

もぐらの会トップへ