発送作業の日



 琵琶湖博物館では,基本的に年4回,琵琶湖博物館の出版物など(うみんどなど)を学校や関係機関などに送るための発送作業をしています.そのときは職員総出で(といっても本当には総出ではできないしならない)行います.
 最近はとてもスムーズに作業ができるように,事前に担当者が整理してくれるので,発送作業中の混乱もほとんどなくなりました.


発送物を作業場に持ってくる
 だいたい,発送作業は実習室で行われます.そのため,当日の早朝や前日に発送物を持ってきて置いて積み上げられます.発送担当者は,どこへどういうものを何部送るのか?などの指示表をそろえて,当日作業する人に配ります.


回る人
 発送作業は,その送られる場所やものの数などによって,また作業をする人によっていろいろですが,この写真の風景は,送られる束を種類ごとに置いて,それをそれぞれとりながら移動し,一周回ったところで,一件分の束ができる,ということです.このグループは,このようにして,その件数が終わるまでぐるぐる回り続ける訳です.
 高速回転ではないので,バターにはなりませんでした.



こつこつと
 この写真に写っている場所では,上の写真のようにぐるぐる回らず,分担作業を行っています.誰かが,ある種類の枚数を数え,他の人が束を作り,別の人が封筒につめ,また別の人が封をする,といった具合に.


一応終了
 こういった作業を延々と続けることによって,発送される封筒の束ができあがるわけです.写真は発送物の一部です.


(c)satoguchi

2002年トップページへ