新空間の展示「石田道行森の写真展 行きずりの瞬間(とき)」の開催


2010年7月3日(土)
 日本熊森協会滋賀県支部と石田道行さん主催による「石田道行 森の写真展」です.内容としては,石田さんによるブナの写真展で,自然林の持つ機能や役割についての紹介もあるようです.それから,熊森協会滋賀支部の森での活動紹介もあります.写真はかなり大判で見応え十分.石田さんの写真は,山と渓谷社発行の「山と渓谷」7月号にも掲載されています.
 展示期間は,2010年7月3日(土)〜8月29日(日)です.


入り口付近

 外側にはおいていませんが,外からでも,どんな感じか何となくわかるほど,写真が大判です.


左側の壁

 向かって左側.本当に写真が大きい.この中には山と渓谷に掲載されたものもあったかと思います.それにしても綺麗な写真だ.


右側の壁

 右側の壁にも写真です.本当に綺麗な写真.大判でなんとなく幻想的な写真なので,はじめは写実的な絵かな?と思ったくらいで(キャンバス地のようなものを使っているせいもあったのですが,私の美的感覚がどうだか,という問題もあるような...).


 部屋の中央には,熊森協会滋賀支部の活動紹介などもあります.私がこんな事を言うのは問題なのかもしれませんが,写真を見に来るだけでもここに足を運ぶ価値ありだと思います.是非.

(c)satoguchi


2010年トップページへ