A展示室の大掃除



2007年12月26日(水)
 今年もあとわずかになりました.博物館は24日で今年の開館は終了しましたが,職員の出勤はまだあります.それで,今年の締めくくり(というわけでもありませんが)に,展示室の大掃除をしました.地学関係の職員で集まって,A展示室の大掃除です.


コウガゾウのほこり
 大掃除の基本として,普段掃除できないところを掃除するという事があると思います.展示室の天井はわりと高いので,高所にあるものの掃除頻度は少なくなります.コウガゾウの骨格標本(複製)もその一つ.


岩石
 入り口付近には,滋賀の山をつくる岩石の展示があります.その周辺には岩石のイメージでつくられたものがありますが,そういう所の上もきれいに掃除.


プレハブの上
 烏丸ボーリング展示にある,プレハブ小屋の上.ここもあまり掃除しないです.だけど,ほこりはやっぱりたまるわけで,そういう見えない所を大掃除ではやると.


完全防備
 というほどではありませんが,ほこりがたつのでマスクは必要.見えないところの掃除だけではなくて,もちろん見えているところも.ほこりは下へ落ちていくわけですし.


床も
 ほこりが落ちたら,床も掃除.写真では取っていませんが,他にもいろんな見えないところの掃除をしました.私は写真係で掃除をしなかったのではなくて,掃除の合間に写真をとってましたよ.私も高所など見えにくい所をやりましたが,それと掃除に手間のかかる実験水路の掃除も.


 みなさん来年も宜しく.

(c)satoguchi


2007年トップページへ