お正月開館トピック展示「ネズミ」



2007年12月18日(火)
 今年の正月から,開館が1月3日からになりました.それで,その年の干支にちなんだトピック展示を,アトリウムのエスカレーター下付近で行っています.それで来年(平成20年)はネズミが干支ですから,ネズミにちなんだ展示を行っています(今年はいのしし).
 名前がネズミと付く植物やプランクトン,ネズミの記述がある古文書(当館蔵),ネズミの骨格標本などが並んでいますよ.今年は,本当にお正月だけでしたが,今回は,今年よりもやや展示期間が長いです.
 展示期間は,平成19年(2007年)12月18日(火)〜平成20年(2008年)2月3日(日)です.


正面からみた様子
 一階ディスカバリー横,エスカレーター下あたりに展示されています.移動ケースが3台とパネルがあります.パネルは奥にもう一つあります.移動ケースの一番右のものは他よりもやや照明が暗く感じるかもしれませんが,これは古文書が入っているため(資料保護のため).


左側からの風景
 この写真をみると,上の写真ではわからなかったパネルがもう一つ隠れていたことがわかるでしょう.


ケース内
 向かって一番左は植物標本(さく葉標本).このケース内にあるボトルはジン(お酒)の瓶ですが,なぜジンなのかは,展示を見ると,ほぉ〜,とわかります.中央のケース(この写真では右側)は,ネズミの骨格標本が並んでいます.




(c)satoguchi


2007年トップページへ