新空間の展示「動植物とのつきあい方の新しいルール」



2007年4月27日(水)
 一階奥の図書室の隣にある“集う・使う・創る新空間”で行っている展示です.今回の主催は,滋賀県生きもの総合調査委員会で,平成19年(2007年)5月1日(火)から始まる滋賀県での動植物とのつきあい方のルール(条例)についての紹介という意味があるようです.
 そのルールは2種類あって,一つめは,絶滅が心配される種のうち捕生きた個体の捕獲・採取を禁止するためのルールとしての「指定希少野生動植物種」です.二つめは,滋賀県において生態的影響等が大きいと考えられる外来種を野外に放すことを禁止する「指定外来種」です.これらの事を紹介すると同時に,この条例で指定された指定希少野生動植物種と指定外来種の分布・生態・特徴などをポスターで紹介しています.
 展示期間は,平成19年(2007年)4月27日(金)〜5月6日(日)です.


入り口付近正面
 入り口の様子はこんな感じ.


左側
 左側の壁には,たくさんの種類についての紹介.


右側
 右側にも.


顕微鏡をのぞくと
 右側の手前には生物顕微鏡が置いてあります.ここをのぞくと,こういうものが見られます.




(c)satoguchi


2007年トップページへ