ギャラリー展示「企画展でふりかえる琵琶湖博物館の10年」



2006年12月23日(土)
 このギャラリー展示は,琵琶湖博物館が10周年をむかえた記念行事として,これまで行ってきた企画展示を中心に,どんな活動を行ってきたのか?という展示になっています.展示物は,企画展示で展示されたもの(たとえば,トンボの企画展示で展示されたトンボの模型など)があり,それぞれの展示のカラーがでていて,展示物としての楽しみもあります.それ以外には,琵琶湖博物館の活動がパネルで紹介されたり,展示物で紹介されたりしています.この展示は全体を調整する担当者と,それぞれの部分をつくる担当者,つまりほとんどの学芸員が参加してつくっています.ちなみに私は国際交流を何人かで担当しています.
 展示期間は,平成18年(2006年)12月23日(土・祝)〜平成19年(2007年)2月18日(日)で,実は始まってすぐの12月25日から琵琶湖博物館は年末休館になってしまい,2006年中にあけるのは2日だけなのです.この2日に見れた人はなにかいいことがあるのかもしれませんが,そんなことは保証できません.そのかわり,正月は1月3日から開館しております.


入り口
 入り口の雰囲気はこんな感じ.写真左側に見えるのは,大きな看板です.この写真ではほとんど写っていませんが,右上側にちらっと写っている青いたれまくが,このギャラリー展示のものです.


中の様子
 入り口を入ってすぐはこういう感じです.写真はちょっと暗めにうつっているのでわかりにくいかもしれませんが,結構奥行きはあります.中央には,いくつかの企画展示で展示された大きなものも並んでいます.


中の様子
 出口付近からみるとこんな感じ.展示ケースに入っているものもありますが,今回のギャラリー展示では展示ケースが比較的少ないような気がします.




(c)satoguchi


2006年トップページへ
2007年トップページへ