企画展示関連シンポジウム



2006年11月12日(日)
 企画展示関連シンポジウムというのは,だいたい毎年行っていますが,今年度は2回行いました.その内1回は10月15日に行ったのですが,そのときは,私も関わっている観察会と重なっていたために,この場での報告はできていません.そちらの方は,今森光彦さんの映像を通じて人と水と魚の関係を見直し,今後のあり方を考えるという趣旨で,今森さんを含めて3名の方の話題提供があったそうです.今回はその2回目.
 こちらの方は,総合地球環境学研究所プロジェクト「東アジア内海における新石器化と現代化」との共催ということで行われました.話題提供とパネルディスカッションがありました.


タイトル看板
 ホールで行ったのですが,そこに掲げられていた看板.遠くから見るとプロの所行のようですが,これも手作り.最近は看板でもなんでも手作りにしないといけなくなりました.


話題提供
 だいたい話題提供は向かって右側に発表者で,真ん中のスクリーンにいろいろ映し出されるという形式.話題提供はこの企画展示の担当である中島さんを含めて,3名の方からでした.この時,私は全体の司会と,タイムキーパーをしていました.


パネルディスカッション
 シンポジウムのコーディネーター,話題提供者3名と今森さんによるパネルディスカッション.なかなか話題が弾んだ,というか,なかなかに難しいこと(環境のこととか)で,議論がつきない感じで,とりあえずは時間がきたので,ここで終了しましょうということで終わりました.どうも有難うございました.




(c)satoguchi


2006年トップページへ