“うみっこ広場”の完成式典



2006年4月1日(土)
 開館の頃から団体の集合場所や昼食スペースについて,お願いというか苦情というかありました.屋上広場が一応それに想定されていたのですが,屋上広場には屋根がないので(あるにはあるのですが,スペース的に団体は無理)屋根付きの場所がいるという事がありました.それで,なんとか(簡易的ではあるものの)完成できました.スペース的には250名が座ってご飯が食べれたり,1000人が立って集合できるなどだそうです.


場所
 昔ここには,向かいのILECが所有する(確かかどうかは知りませんが)テニスコートがあったのですが,その場所です.博物館出入り口をでて,右手すぐくらいのところです.博物館へ来たことのある人は写真の右端に移っている時計でなんとなく場所はわかるかもしれません.写真奥に見えているのがそれ.


横からみた
 一般来館者駐車場から博物館までの坂を登ってきたときには右手側にここへいく道があります.そこから見た写真がこれ.屋根付きスペース.写真には紅白の幕がありますが,これは式典のために取り付けられたものだそうですから,普段はこれはありません.ということは,壁があまりないということです.冬は寒いかも...


式典
 式典では,館長の挨拶と,担当者によるスペースの概要説明があり,その後にこの写真のように多くの人(そんなに多くないか)が見守る中,テープカットをしました.中央でテープカットをしている人(子ども)はこの日に団体で来られていた方に参加してもらいました(事前に調整したのでしょうけれど).それにしても,このスペースは屋根付きだけれど,式典は外なので雨が降らなくて良かった.


看板
 入り口にこういう看板があります.うみっこ広場という名称は,館内でたくさんでた案の中からこれにきまったようです.ちなみに“うみっこ”は“湖の子ども”という意味で,子ども向け広報誌“うみっこ”の名称にもなっています.


屋根
 柱と屋根は親しみやすい木材.看板もそうです.屋根の中央には明かり取り窓があって,ここにはライトが引っ張ってありませんが,これがあるので結構明るい.この写真でもちらちらと見える壁側には,壁がありません.ただ,周りには,座れる長いす状のものがあり,ここには100人程度が座れるのだとか.


整備は
 向かって左あたりにこういう看板がみられます.こういう事だそうです.これで気になって少し調べてみましたが,宝くじというのは,こういう公共事業にかけるお金を稼ぐ手段として行われているものなのだそうですね.私は今まで知りませんでしたよ.全くものを知らないというのは恥ずかしい.反省.




(c)satoguchi


2006年トップページへ