「博物館を楽しもう〜はしかけ・フィールドレポーター活動紹介〜」の開催



2006年3月21日(火・祝)
 琵琶湖博物館の活動には,地域の型が博物館に登録して活動する「はしかけ」と「フィールドレポーター」があります.この展示では,これらに参加している方々の活動や成果をパネルなどで紹介しています.21日の開催初日には開催イベントもあったのですが,写真を撮っていなかったので,ここではそのイベントの様子は紹介できませんでした.
 「はしかけ」にはいくつかのグループがあって,それぞれがその内容というか目的にあった活動をしています.魚とか,単細胞とか,骨とか,丸子船とか,写真とか,まぁいろいろです.この展示では14グループが展示しています.
 この展示は,2006年3月21日〜4月9日の期間,琵琶湖博物館の企画展示室で行っています.


アトリウムから
 例によって,企画展示室の入り口付近.上には大きな看板があります.見えますか?入り口の扉は開いているので,こそっとのぞくこともできますが,こそっとのぞくくらいなら,中に入ってみてください.


入り口付近
 入り口付近をもう少し大きくみた写真.入り口には,展示の紹介や,はしかけ,フィールドレポーターの紹介などがかかれています.両側の看板のようなものがそれです.


中の様子
 はしかけは,グループごとに活動内容が違っていますから,それぞれのグループごとに紹介をしています.特に壁などで仕切っている訳ではないので,展示室内は広く感じます.


フィールドレポーターの紹介
 展示の奥の方にいった左側に壁で仕切られたような部屋があります.ここがフィールドレポーターの紹介をしているところです.


 展示期間はやや短いですが,是非.

(c)satoguchi


2006年トップページへ