ニュースレタータイトル

ニューズレターNo.23(2008年12月発行)


 比良山系も白い帽子をかぶり、灰色をした湖面の様子にますます寒さを感じる季節となりました。琵琶湖博物館地学研究室からの久々のニュースレターのお目見えです。(当番の怠慢から発行が遅れ,皆様にご迷惑をかけし申し訳ありませんでした)来年は、地学関係の情報交流が活性化できればと思います。

第21回 地学研究発表会のご案内

今年の夏の地学研究発表会は,日程調整できず開催できませんでしたが、冬の研究発表会は滋賀大学と共催で例年どおり開催いたします.
発表会の要領は以下のとおりです.多数のご参加とご発表をお待ちしております
○日時:2009年2月8日(日) 午後1時30分〜5時30分(予定)
○場所:滋賀大学大津サテライトプラザ  JR大津駅前 平和堂アルプラザ大津5F
○締切:
  演題申し込み・講演要旨の締切:2009年1月31日(土)
    

今年度も,演題と講演要旨の申込みは同時に行います.


○手続き等:申し込み方法,発表要旨の形式等はこちらをご覧下さい
○その他:研究会当日に紹介したい本や,資料などがございましたら,ご持参ください.
 発表会のプログラムや口演時間などの詳細は,次号のニュースでお知らせいたします.

[懇親会]
 研究発表会終了後に恒例の懇親会を予定しております.こちらもご参加ください.



お知らせ&お願い

●日本列島ジオサイト地質百選
全国地質調査業協会連合会 (編さん), 地質情報整備・活用機構 (編さん)  オーム社刊  ¥ 2,940 (税込)
 「日本の地質百選」より83箇所を選定し,見所を解説.

●「記録しておきたい滋賀県の地形・地質」編集委員会の開催について
 本格的な冬の到来が間近になりました。「記録しておきたい滋賀県の地形・地質」の検討を始めて4年が経ち、ようやく原稿のまとめの段階に入ってきました。提出いただいた原稿の最終編集方針や出版に向けての今後の日程などについて検討するために、編集委員会を下記のとおり開催します。委員の方にはご多忙とは存じますが、ご出席の程よろしくお願いいたします。尚、当編集に関心を持って頂いている方のご参加も大歓迎です。兎に角記録しておきたいことは、この機会に全て項目だけでも残しておきたいと思いますので。
 日時:2009年1月17日(土) 13:00より   場所:琵琶湖博物館
  「記録しておきたい滋賀県の地形・地質」編集委員会事務局  藤本秀弘

●琵琶湖博物館A展示室(常設展示室)の『地域の人たちによる展示コーナー』について
 琵琶湖博物館のA展示室(琵琶湖のおいたち展示室)内に、地域で活動する人々が主体となって展示を行うコーナーを新設しました。場所は、A展示室奥のカウンターがある向かって左側付近です。展示の内容は、A展示室内であることから、化石や鉱物、地層など地学に関連する標本の展示が中心ですが、内容によっては、取り上げられる幅を広げる事も検討していきたいと思います。
 今年度は,湖国もぐらの会のご協力により試験的に運用し、徐々にいろんな方への参加を呼びかけたいと思っています。自分もこんな展示ができる、やってみたいという方はご連絡ください。(琵琶湖博物館地学研究室 担当:里口)

●2009年度琵琶湖博物館ギャラリー展示 『(仮称)姉川地震から100年展』
2009年は、滋賀県北部であった姉川地震(江濃地震)から100年です。これに関連して、琵琶湖博物館では2009年4月下旬〜6月上旬に展示を行います。展示内容としては、当時の災害記録写真やその関連資料、地震の基礎知識と防災に対する取り組みなどです。いろんな方や組織との共同で行うことになります。是非ご来館ください。なお、この展示(の一部)は巡回展示として、滋賀県長浜市など数カ所を回っていく予定です。



県内の博物館情報+


◆多賀町立博物館

企画展『神秘の鍾乳洞 河内の風穴』
 会 期:2009年2月7日(土)〜3月8日(日)
 会 場:あけぼのホールギャラリー  観覧料:無料
 開館時間:9時30分から午後5時まで
 河内宮前にある鍾乳洞「河内風穴」は、国内第4位の大洞窟です。この企画展では、そんな河内風穴の奥に広がる美しく雄大な姿を、美しい写真の数々で紹介します。洞窟探検や撮影プロジェクトにまつわる“おもしろエピソード”、洞窟に関する科学的なトピックなども必見ですよ!
▲関連行事▲
 ハイビジョン映像プログラム「神秘の鍾乳洞 河内の風穴」上映会
 日 時:2009年2月8日(日)・3月1日(日)14:00〜15:00
 会 場:あけぼのパーク多賀 大会議室
お問い合わせは,多賀の自然と文化の館 TEL 0749-48-2077, FAX 0749-48-8055まで
   【インターネットページ】

◆みなくち子どもの森自然館

企画展「たねがいっぱい! 実がいっぱい!」
 会 期:2008年12月17日(水)〜2009年3月8日(日)
 いろいろな”たねと実”、”たねと実”のしくみ”、”たね”の旅立ち、おいしい”たねと実” などを紹介します
 休園日:月曜日・祝日の翌日・年末年始(12/28〜1/3)
 料 金:大人200円、小中学生100円
 開園時間:午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)
お問い合わせは,みなくち子どもの森自然館TEL0748-63-6712, FAX0748-63-0466まで

◆琵琶湖博物館

ギャラリー展示「細密画で見る琵琶湖の水鳥ー」
 期間:2008年12月13日(土)〜2009年2月15日(日)
 場所:琵琶湖博物館 企画展示室
詳細は【博物館ホームページ】を参照してください.



琵琶湖博物館地学研究発表会 事務局
中島 経夫(魚類形態学)  高橋 啓一(古脊椎動物学)
山川 千代美(古植物学)  里口 保文(火山灰層序学)
宮本 真二(自然地理学)
〒525-0001 草津市下物町1091番地  滋賀県立 琵琶湖博物館地学研究室内
 tel:077-568-4811(博物館代表) Fax:077-568-4850(事務室)
E-mail:nakajima○lbm.go.jp,takahasi○lbm.go.jp,yamakawa○lbm.go.jp
       satoguti○lbm.go.jp,miyamoto○lbm.go.jp,
(○は@に入れ替えてください)


地学研究発表会のページに戻る
ニュースレターのトップページに戻る