プログラムのPDFファイルは【こちら】

第31回地学研究発表会プログラム

2月21日に行われる第31回 地学研究発表会のプログラムをお送りします。花粉がそろそろ飛んでいますが、皆さんお誘い合わせの上、ご参加ください。

日時:2016年2月21日(日)13:10より
会場:滋賀大学大津サテライトプラザ
   (滋賀大学 共催)


13:10〜開会挨拶
13:20-13:35 アジアのアリゲーター類化石:台湾を訪問して
・・・・・谷本正浩(大阪市立自然史博・外来研究員)・北田稔
13:35-13:50 下北コアC9001CのMIS12〜11の浮遊性有孔虫群集
・・・・・浅井裕里(滋賀県立大学)・堂満華子
13:50-14:05 河川堆積物に見る現生野生動物の足跡の観察−足跡化石の研究に役立つのか?−
・・・・・岡村喜明(滋賀県足跡化石研究会)
14:05-14:20 湖南市吉永地先の野洲川河岸産出の大型植物化石(球果、果実)から見る古環境
・・・・・杉山國雄(古琵琶湖調査発掘探検隊)
14:20-14:35 古琵琶湖層群蒲生層および草津層から得られた花粉化石
・・・・・大譜沍ゥ(滋賀県立大学)・林竜馬・里口保文・堂満華子・多賀町古代ゾウ発掘プロジェクト

〜休憩〜

14:50-15:05 最終氷期の古環境復元〜伊吹・霊仙山系における植生の垂直分布の変化
・・・・・米原高校地学部地質班
15:05-15:20 木星の模様を探れ!
・・・・・米原高校地学部天文班
15:20-15:35 方解石ヘキカイ片を用いた複屈折の観察・・・光路追跡その後の展開・・・
・・・・・河野俊夫
15:35-15:50 古琵琶湖層群におけるバイオミネラリゼーション
・・・・・服部昇

〜休憩〜

16:05-16:20 房総半島南端に分布する千倉層群布良層中のテフラ記載
・・・・・小澤昌悟(滋賀県立大学)・里口保文・堂満華子
16:20-16:35 大津の相模川に断続的に見られる破砕帯について
・・・・・梅澤正夫・大津の岩石調査隊
16:35-16:50 シカが山を壊す
・・・・・藤本秀弘(山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会)
16:50-17:05 日本弧は特異で、面白い!=アムールプレートが作り出した日本アルプスの雁行配列
・・・・・小松原琢(産総研)
17:05〜情報交換・お知らせ・閉会挨拶
*各発表の持ち時間は15分(質問時間こみ)です。

※終了後,「懇親会」を行います.


会場案内

             
名  称『滋賀大学大津サテライトプラザ』(ネットページ
所 在 地大津市末広町1-1 日本生命大津ビル
(JR大津駅前 日本生命大津ビル4階)
電  話オフィス  077-524-3692


第31回研究発表会のおしらせページに戻る

研究発表会の履歴ページに戻る

研究会トップペーじに戻る