第19回研究発表会のお知らせ

 この研究発表会もスタートしてから10年目に突入します.日頃の調査研究の成果や これまでの活動の内容について是非ご発表ください.また、最近の活動状況や新たな調査提案など,情報や意見交換の場としてもご利用下さい.
 みなさまの多数のご参加をお待ちしております.

○日時:2007年2月10日(土)  午後2:00〜5:00(予定)
○場所:琵琶湖博物館 セミナー室
○締切:
演題の締切:2007年 1月16日(火)
講演要旨の締切:2007年 1月31日(水)

○プログラム:当日のプログラムは【こちら】

○その他:研究会当日に紹介したい本や,資料などがございましたら,ご持参ください.
【懇親会】研究発表会終了後に大津駅前での懇親会を予定しておりますので,そのつもりでご参加ください.

研究発表会の発表について

  1. 発表方法は,従来の口頭とポスターが可能です.
  2. 口頭発表で使用できる機材は,コンピューター(プロジェクター),OHP,スライドです.発表申し込み時(または講演要旨提出時)に,使用機材についてご連絡ください.
  3. 口頭発表時間は,一演題15〜20分程度です.正式な時間は,次のニュースでプログラムといっしょにご連絡いたします.
  4. ポスターの大きさの標準は,模造紙(90×90cm)2枚分です.

講演の申し込み方法
 1月16日(火)までにハガキあるいはファックス,e-mailで「演題」,「発表方法(口頭かポスター),「使用する器具(OHPやスライドなど)を記入の上,下記までお申し込みください.

講演要旨の書き方
 講演の内容を記録し,当日参加者に配布するために簡単な要旨集をつくります.
 下記の「例」の要領で作成し,1月31日(水)まで(必着)に講演申し込みと同じところに送付してください.

懇親会
 会終了後に懇親会を予定しております.是非こちらもご参加下さい.

申し込み等の送り先
〒525-0001 草津市下物町1091
   琵琶湖博物館 宮本真二あて
fax:077-568-4850
e-mail:miyamoto○lbm.go.jp(○のところに@をいれてください)



要旨の例

  講演題目
  講演者(所属)

(本文)
 A5サイズ(幅21cm×縦15cm)の大きさに黒インクでワープロまたは手書きで書いてください.字の大きさは特に指定しませんが,用紙いっぱいに書かれている場合には多少縮小しますので,ご配慮ください.
 要旨集は,送っていただいたA5サイズの要旨を縦に合わせて1ページにし,A4 サイズにする予定です.もっと詳しい内容や図表がありましたら,当日講演の時に配布資料としてご準備ください.


地学研究発表会のページに戻る

ニュースレターNo.20へ