第13回地学研究発表会プログラム

日時:2004年2月8日(日)14:00〜17:0
会場:琵琶湖博物館 実習室2


【口頭発表】

(進行:里口 保文)
14:05-14:25  「アルカリ長石と水:滋賀県産の場合」
               ・・・谷 亜由美・牧野 州明・中野 聰志(滋賀大)

14:25-14:45 「みなくち子どもの森「これぞ滋賀の石」より」
               ・・・磯部 敏雄(磯部鉱物化石標本室)

14:45-15:05 「ペグマタイト鉱物」
               ・・・中沢 和雄(益富地学協会)

15:05-15:25 「琵琶湖湖底石と周辺湖成鉄鉱について−その2−」
               ・・・中村 豊美(大津愛石会)


15:25-15:35 休憩

(進行:宮本 真二)
15:35-15:55 「県内高校生の地震に関する意識調査」
               ・・・中島 健(守山高校)

15:55-16:15 「琵琶湖内湖遺跡・野田沼遺跡の発掘調査」
               ・・・辻 広志(中主町教育委員会)

16:15-16:35 「現在までに観察し得たタイの野生動物の足跡について」
               ・・・岡村 善明(足跡化石研究会)

16:35-16:55 「山門水源の森の埋木と土石流について」
               ・・・藤本 秀弘(山門水源の森を次の世代に引き継ぐ会)

16:55-17:00 その他連絡など

※終了後,草津駅近辺にて「懇親会」を行います.バス(琵琶湖博発,17:18)

研究発表会の履歴ページに戻る

研究会トップペーじに戻る