第12回研究会のお知らせ

 年に2回行っている地学研究発表会の秋の研究会は、講演者を招いての勉強会的なもので行っていますが、今回は、今年が甲西町の足跡化石発見から15年ということで、足跡化石をテーマにした講演を行ってはどうか、という提案がありましたので、神戸市立王子動物園の権藤さんを迎えて行います。
タイトル野洲川足跡化石発見から15年を迎えて
日時:2003年9月7日(日) 14:00〜17:30
場所:琵琶湖博物館セミナー室
司会:松岡長一郎・田村幹夫
開催挨拶:山川千代美

はじめに(14:10〜14:40)
 高橋啓一(琵琶湖博物館)
 「古琵琶湖層の化石研究における現生熱帯動物相の重要性」

講演1(14:40〜16:10)
 権藤眞禎(ごんどう まさよし;神戸市立王子動物園動物科学資料館館長)
 「東南アジアの動物とその環境」

     休憩(10分)

講演2(16:20〜17:20)
 岡村喜明(滋賀県足跡化石研究会)
 「東南アジアの野生動物の足跡と生態−足跡化石研究のために−」

事務連絡など(宮本真二)
[懇親会]  会終了後にいつものように懇親会を予定しております。18時頃から草津駅周辺にて行う予定です。是非、こちらもご参加ください。


 地学研究発表会のページに戻る

 ニュースレター13号のページへ