第10回研究会のお知らせ

 年2回の研究会のうち,秋の研究会は,講師の方をお呼びして講演いただく方式になっています.
 今回は,第四紀変動論をご研究されている竹村恵二さん(京都大学)と前回残念ながらお話が聞けなかった沢田順弘さん(島根大学)から琵琶湖地域に関する話題をお聞きしたいと思います.
 どちらの方の講演も,まさにこの地域をフィールドとした内容です.
 これまでこの研究会に来られたことがない方も,地学に興味がある方は是非お越し下さい.内容はやや専門的です.
日時:2002年9月8日(日)  午後2時〜午後5時30ごろまで
場所:琵琶湖博物館 実習室2(正面入り口から入って左側通路進む)
内容:
[講演 1](2時〜3時30分)
沢田順弘さん(島根大学総合理工学部地球資源環境学教室・教授)
「恐竜時代の琵琶湖周辺」
ジュラ紀から白亜紀にかけて,現在の日本列島はユ−ラシア大陸の東縁にありました.
ジュラ紀には,現在の美濃−丹波帯を構成する付加体が形成されました.
白亜紀には地下で多量の花崗岩マグマが形成され,地表では激しい火山活動が起こりました.
この講演では,琵琶湖周辺地域のジュラ紀−白亜紀の地史についてお話しします.

[講演 2](3時45分〜5時15分)
竹村恵二さん(京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設・教授)
「琵琶湖環境変動論ー総括とその課題」
約400万年の歴史をもつ湖ー琵琶湖.この琵琶湖周辺にある活断層・活構造の変形様式や活動履歴から,琵琶湖がもつ変動様式を解析します.また,湖周辺や湖底の堆積物に記録された環境変動を総括し,今後の研究課題を提示します.
[懇親会]  会終了後にいつものように懇親会を予定しております.場所は,博物館の最寄駅の草津駅周辺です.是非,こちらもご参加ください.


地学研究発表会のページに戻る