Go Prev page Go Next page

 Goin' at Field! フィールドへ出よう!

「よみがえれ!写真たち」
  −子どもたちとともに調べてみませんか−

顔絵顔絵
学芸員(水生植物生態学)
■ 芦谷美奈子  
主任主事(理科教育)
■ 中川 修




ギャラリー展会場
2001年12月4日(火)
〜2002年1月6日(日)

 年末に家の大掃除をしている最中、出てきた古いアルバムをパラパラめくって、ついつい時間を忘れてしまい、「しまった!! まだ終わってないのに!」とあわてた経験はありませんか?

 琵琶湖博物館では、2001年の夏から県内各地のグループ(学校や地域の団体)を募って、古い写真からナゾを調べるプロジェクト「よみがえれ! 写真たち」を実施しました。これは、自分の家や近所で古い写真を探して、その中に見つけた不思議なことやおもしろそうなことを、実際に自分で現場に行って確かめたり、写真を持っている人や写真に写っている人に直接インタビューして調べていくというものです。

 古い写真を調べることと博物館との間に、どんな関係があるのでしょうか。博物館というと、いろいろな展示品があって観察会や講座を開いたり、というイメージですが、外に向けて展示をするには、同時に裏側でいろいろなモノを集めて整理したり、それに関する情報を調べたり研究したりする必要があります。この裏側の作業こそが、博物館という木を支える根や幹となります。そして、民具や生物標本などと並んで、画像資料(動画、写真)も重要な収蔵資料なのです。

 今回のプロジェクトの最大の目的は、自ら集めた資料について、不思議に思った事などをあらゆる方法を駆使して調べること(つまり博物館の調査活動)のおもしろさを、子ども達に実感してもらうことでした。そして、その材料として「写真」を取り上げました。参加グループは、全部で19グループ。一般および学校や学区に関連したグループなどで、調査する写真もその方法もさまざまでした。

現地で調査する子どもたち
 数ある中から、2つほど例を紹介しましょう。まず、ひとつ目。近江八幡市立武佐小学校5年1組では、調査をするにあたって、周辺の住民の方々に古い写真の提供を呼びかけたところ、色々な写真が集まってきました。その中から「学校」「と畜場」「養蚕」「献上物」など6つのテーマを決め、それぞれについて調べました。例えば「と畜場」については大正2年、昭和12年の写真などが見つかり、子ども達が関係者に話をきいたり現在のと畜場の様子を見学したりして、今問題になっている狂牛病にまで興味を広げていきました。他の題材についてもつぎつぎと調べ、地域を振り返るきっかけになったそうです。その後も「こんな写真あったよ」と持ち込みがあり、協力員である新庄先生から「地域と結びついた教材開発法として、今後も利用できるかもしれない」と感想をいただきました。

 もうひとつ。「子どもの美術教育をサポートする会」では、多賀町にある専行寺が託児所をやっていたときの写真(昭和18年)から当時の託児事情を調べました。この託児所を運営していた住職さんの曾孫さんが、この調査の中で自らひいおじいちゃんの偉業を知ることで、おばあちゃんと対話を持ち、家族のルーツを見つめなおすきっかけになったそうです。また、このグループでは、古い写真を大人の集まりで見せたところ、「これ、知ってる!」と話が盛り上がり、意外な人の輪がひろがったそうです。「大人の方が、すぐに古い写真に引き込まれる」と、協力員の津屋さん。

 古い写真からわかることは、たくさんあります。歴史的な事実の記録として価値ある資料である写真は、調べる材料としても思った以上におもしろいものでした。さらに興味深かったのは、写真をとおして子ども達がお年寄りと話をすると双方に新しい発見があること、そしてナゾや発見を積み重ねていくと、決して歴史の教科書には載っていないような昔と今とのつながりが無数に見えてくることなどでした。
結果やプロセスをギャラリー展で紹介
 昔を今とをつなげるカギは、人々の記憶の中にあります。そして、それを古い写真が呼び起こすのです。今回、何枚もの写真がプロジェクトによって掘り起こされましたが、まだまだ多くの写真が家の古いアルバムの中に眠っています。学校や地域で、古い写真を見直して、昔からのさまざまなことを調べてはどうでしょうか。そして、その作業には大人だけではなく、ぜひとも子ども達を巻き込んでください。大人にはない新鮮な視線で、昔と今、そして未来をも結びつけてくれるにちがいありません。その時、意外なつながりにハッとするのは、間にたっている大人のほうかもしれません。




-6-

Go Prev page Go Prev page Go Next page