Tryblionella salinarum (Grunow) Pelletan


Tryblionella salinarum (Grunow) Pelletan, J. Micrographie 2: 30. 1889.
基礎異名Nitzschia tryblionella var. salinarum Grunow in Cleve et Grunow, Kongl. Svenska Vetenskapsakad. Handl. 17(2): 70. 1880.
その他異名Nitzschia calida var. salinarum (Grunow) Freng. 1923.
和名 
類似種との区別点肋の密度が Tryblionella calida よりも低く,Tryblionella levidensis より高い。殻幅は殻長に関係なくほぼ一定で,大型殻では中央部がくびれる。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。日本からの報告も多い。
生態情報海岸や河口部の汽水域に多い;電解質の少ない淡水に出現する場合には堆積物表生 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。有機汚濁に関して広適応性 (渡辺ら, 2005)。



       10μm
A: 琵琶湖博物館生態観察水路(滋賀県)