Tryblionella levidensis W.Sm.


Tryblionella levidensis W.Sm., Syn. Brit. Diatom. 2: 89. 1856.
基礎異名 
その他異名Nitzschia tryblionella var. levidensis (W.Sm.) Grunow in Cleve et Grunow 1880, Nitzschia levidensis (W.Sm.) Grunow in Van Heurck 1881.
和名 
類似種との区別点Tryblionella salinarum とは,肋の密度がより低く,殻長/殻幅比がサイズに関係なくほぼ一定である点で区別できる。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。日本からの報告も多い。
生態情報海岸や河口部の汽水域に多い (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。好汚濁性種 (渡辺ら, 2005)。



       10μm
A: 琵琶湖博物館生態観察水路(滋賀県)