Stephanodiscus minutulus (Kütz.) Cleve et J.D.Möller


Stephanodiscus minutulus (Kütz.) Cleve et J.D.Möller, Diatoms (Cleve & Möller) No. 300. 1882.
基礎異名Cyclotella minutula Kütz. Bacill. 50. pl. 2, f. 3. 1844
その他異名Stephanodiscus astraea var. minutula (Kütz.) Grunow in Van Heurck 1882, Stephanodiscus rotula var. minutula (Kütz.) R.Ross et P.A.Sims 1978, Stephanodiscus parvus Stoermer et Håk. in Stoermer 1984.
和名 
類似種との区別点早崎内湖の個体群は殻面がほぼ平坦で,Stephanodiscus parvus と同定される。これに対して典型的な Stephanodiscus minutulus の殻面には強い起伏がある。しかし Kobayasi et al. (1985) は,殻面の起伏の程度が連続的であることから,両者を同種とした。
報告があった場所汎世界種 (Krammer & Lange-Bertalot, 1991a)。日本でもしばしば出現する (Kobayasi et al., 1985)。
生態情報プランクトン;著しく汚濁した水域や電解質の多い水域にも見られる (Krammer and Lange-Bertalot, 1991a)。好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。淡水域および汽水域に出現する (Kobayasi et al., 1985)。



       10μm
A: 早崎内湖(滋賀県)

走査電子顕微鏡図版