Planothidium rostratum (Østrup) Lange-Bert.


Planothidium rostratum (Østrup) Lange-Bert., Iconogr. Diatomol. 6: 285. 1999.
基礎異名Achnanthes rostrata Østrup, Bot. Tidsskr. 25: 253. pl. 1, f. 11. 1903.
その他異名Achnanthes lanceolata var. rostrata (Østrup) Hust. 1911, Achnanthes lanceolata ssp. rostrata (Østrup) Lange-Bertalot 1991.
和名 
類似種との区別点Planothidium lanceolatum およびその類縁種とは,無縦溝殻にある馬蹄型の無紋域を周囲から仕切る線が見えることで区別される。走査型電子顕微鏡で観察すると,殻の内側の無紋域部分にスリッパ状の掘り込みが認められる。
報告があった場所世界的な分布は未詳 (Krammer and Lange-Bertalot, 1991b)。日本からの報告は少なくない。
生態情報分類学的混乱により生態未詳。貧腐水域には少ないようである。



       10μm
A: 野洲川支流杣川(滋賀県)