Pinnularia neomajor Krammer


Pinnularia neomajor Krammer, Biblioth. Diatomol. 26: 150. pl. 6, f. 1-4. pl. 62, f. 1-5. pl. 63, f. 1. 1992.
基礎異名Frustulia major Kütz. 1833, Linnaea 8, p. 547, pl. 14, figs 25a, b.
その他異名Pinnularia major Cleve 1895, nec Rabenh. 1853.
和名 
類似種との区別点Pinnularia mesogongyla に比べて殻幅が狭く,条線もやや細かく,殻表側の縦溝裂の波打ちがやや強い。
報告があった場所汎世界種 (Krammer, 2000)。日本からの報告も少なくない。
生態情報本種の幾つかの変種は,貧栄養水域に出現する (Krammer, 2000)。



       20μm
A: 斐伊川(島根県)