Pinnularia latarea Krammer


Pinnularia latarea Krammer, Diatoms Europe 1: 110. pl. 80, f. 1-6. pl. 84, f. 13-15. 2000.
基礎異名 
その他異名Pinnularia interrupta var. intermedia Robert 1962, Pinnularia mesolepta var. intermedia (Robert) Krammer 1992, Pinnularia latarea var. thermophila Krammer 2000.
和名 
類似種との区別点Pinnularia brauniana よりも殻が幅広く,殻中央付近で殻縁が平行あるいは少しくびれている。
報告があった場所タイプ産地はフランス。高槻市の水田(大阪府;Ohtsuka and Fujita, 2001),大和川支流佐保川(奈良県)。これまで Pinnularia brauniana などと混同されてきたため,分布未詳。
生態情報生態未詳。やや汚濁された河川や水田など,富栄養水域に出現するようである。



       10μm
A: 京大高槻農場の水田(大阪府)