Pinnularia brauniana (Grunow) Mills


Pinnularia brauniana (Grunow) Mills, Index Diatom. 1273. 1934.
基礎異名Navicula brauniana Grunow in A.W.F.Schmidt et al. , Atlas Diat. pl. 45, f. 77, 78. 1876.
その他異名 
和名 
類似種との区別点Pinnularia latarea よりも殻幅が小さく,殻中央付近で殻縁がくびれない。
報告があった場所汎世界種で広く分布しているが,普通種ではない (Krammer, 2000)。日本からの報告も多いが,分類学的混乱のために再検討の必要がある。
生態情報真酸性種 (渡辺ら, 2005)。貧栄養あるいは腐植栄養で,電解質が少なく,pH 6 以下の水域に出現する (Krammer, 2000)。



       10μm
A: 八雲ヶ原湿原(滋賀県)

走査電子顕微鏡図版