Nitzschia pseudofonticola Hust.


Nitzschia pseudofonticola Hust., Abh. Naturwiss. Vereine Bremen 32: 209. f. 4, 5. 1942.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Nitzschia palea よりも条線が細かく,殻は披針形である。
報告があった場所タイプ産地はドイツのブレーメン地方。おそらく汎世界種(例えばカナリア諸島のTeneriffa島,オーストラリア;Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。斐伊川 (島根県;Ohtsuka, 2002)。他種と混同されてきたと思われるため,分布は未詳。
生態情報電解質が中程度の富栄養水域 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。



       10μm
A: 斐伊川(島根県)
       10μm
B: 京大高槻農場の水田(大阪府)