Nitzschia linearis (W.Sm.) W.Sm.


Nitzschia linearis (W.Sm.) W.Sm., Syn. Brit. Diatom. 1: 39. f. 110. 1853.
基礎異名Frustulia linearis C.Agardh ex W.Sm., Syn. Brit. Diatom. 1: 39. 1853.
その他異名 
和名ナガササノハケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点Nitzschia sublinearis に似るが,中央結節があり,その部分の腓骨が大きく開いている点で区別できる。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。日本からの報告も多い。
生態情報真流水性,湧泉性,貧塩-不定性,貧栄養性,貧腐水性 (小林, 1995)。Krammer and Lange-Bertalot (1988) は,α-β-中腐水域まで耐えるとしている。クロム汚染の指標種とされる (Palmer, 1977)。



       10μm
A: 斐伊川(島根県)