Nitzschia fonticola Grunow


Nitzschia fonticola Grunow in Cleve et J.D.Möller, Diatoms, no. 174. 1879.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Nitzschia frustulum よりも条線を構成する胞紋列が細かい。Nitzschia hantzschianaとは菱形に近い殻形により区別できることが多いが,大型個体ほど区別がつきにくくなる。電子顕微鏡で観察すると,殻表面の間条線が隆起しており,胞紋列は縦溝付近で二叉している。
報告があった場所おそらく汎世界種だが,同定の誤りが多かったと考えられるため世界的な分布は未詳 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。同じ理由により日本での分布も未詳だが,おそらく広く分布している。
生態情報電解質がやや少ないないしは多い水域;貧腐水〜α-中腐水性 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)



       10μm
A: 紀ノ川支流高見川(奈良県)
       10μm
B: 桂川支流鴨川(京都府)