Nitzschia clausii Hantzsch


Nitzschia clausii Hantzsch, Hedwigia 2/7: 40. pl. 4, f. 7. 1860.
基礎異名 
その他異名Nitzschia sigma var. clausii (Hantzsch) Grunow 1878.
和名 
類似種との区別点Nitzschia nana に似るが,殻端が急に細くなり,やや頭状に突出する点で異なる。Nitzschia scalperiformis にも似るが,条線がより細かく殻幅も小さい。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。日本からの報告も多い。
生態情報汽水域や電解質の多い水域に多い;産業排水で汚染された大河川にも生息し,α-中腐水域までの耐性をもつ (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。沼沢にも多い。



       10μm
A: 京大高槻農場の水田(大阪府)