Nitzschia amphibia Grunow


Nitzschia amphibia Grunow, Verh. K. K. Zool. -Bot. Ges. Wien 12: 574. pl. 18, f. 23. 1862.
基礎異名 
その他異名 
和名テンモンササノハケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点Nitzschia frustulum に似るが,条線および腓骨がより粗い。
報告があった場所汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1988)。日本からの報告も多い。
生態情報好アルカリ性・好汚濁性 (渡辺ら, 2005)。電解質の少ない水域や土壌中にも生育する (Krammer and Lange-Bertalot, 1998)。有機窒素を利用できる (Van Dam et al., 1984)。



       10μm
A: 大和川支流佐保川(奈良県)
       10μm
B: 野洲川支流杣川(滋賀県)

走査電子顕微鏡図版