Navicula veneta Kütz.


Navicula veneta Kütz., Bacill. 95. pl. 30, f. 76. 1844.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Navicula cryptocephala よりも殻中央付近の条線の放射が弱く,中心域を構成する条線数が少なく,条線を構成する胞紋列が粗い。Navicula vandamii よりも条線を構成する胞紋列が細かい。
報告があった場所汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本にも広く分布するが,他種(例えば Navicula cryptocephala)として報告されている例もあり,報告はあまり多くない。
生態情報好アルカリ性種 (渡辺, 2005)。電解質が多い水域または汽水域,特に富栄養化が著しい水域;強腐水域まで耐え,しばしば産業廃水により汚染された水域で優占種になる;電解質の乏しい水域には生息できない (Lange-Bertalot, 2001)。



       10μm
A: 大和川支流佐保川(奈良県)
       10μm
B: 京大高槻農場の水田(大阪府)