Navicula upsaliensis (Grunow) Perag.


Navicula upsaliensis (Grunow) Perag., Cat. General Diatom. 643. 1903.
基礎異名Navicula (menisculus var.?) upsaliensis Grunow in Cleve et Grunow, Kongl. Svenska Vetenskapsakad. Handl. 17(2): 33. 1880.
その他異名Navicula menisculus var. upsaliensis (Grunow) Grunow 1880.
和名 
類似種との区別点大型の殻では中心域を構成する条線が交互に長短することで Navicula menisculus と区別できるが,小形殻での区別は難しい。Navicula nipponica より幅が広く,その割に殻長が小さい。Navicula exilioides より大型で,殻端が尖る。
報告があった場所似た種,特に Navicula menisculus との混同が多かったと考えられるため,分布は未詳 (Lange-Bertalot, 2001)。
生態情報好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。電解質濃度が中程度の淡水から僅かに塩分を含む汽水域まで分布 (Lange-Bertalot, 2001)。



       10μm
A: 琵琶湖(滋賀県)