Navicula trivialis Lange-Bert.


Navicula trivialis Lange-Bert., Cryptog. Algol. 1: 31. pl. 1, f. 5-9. 1980.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Navicula cryptocephala よりも幅広で,条線および胞紋列が粗い。
報告があった場所汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告も多い。
生態情報堆積物表生のことが多い;電解質がやや多い富栄養水域;干上がりに耐える;α-中腐水性にまで耐える (Lanmge-Bertalot, 2001)。



       10μm
A: 大和川支流佐保川(奈良県)
       10μm
B: 野洲川支流杣川(滋賀県)