Navicula symmetrica R.M.Patrick


Navicula symmetrica R.M.Patrick, Bol. Mus. Nac. [Rio de Janeiro], N. S. Bot. 2: 5. f. 6. 1944.
基礎異名 
その他異名 
和名 
類似種との区別点Navicula schroeteri よりも条線を構成する胞紋列が細かいことで区別されるが,種として区別することを疑問視する意見もある (Lange-Bertalot, 2001)。
報告があった場所タイプ産地はブラジル。Navicula schroeteri と区別されないことが多かったため,世界的な分布は未詳。日本には少なくないようだが,N. schroeteri として報告されている場合が多い。
生態情報Navicula schroeteri との異同が明らかでないため,有効な生態情報はあまりない。



       10μm
A: 琵琶湖 (滋賀県)
       10μm
B: 斐伊川(島根県)