Navicula gregaria Donkin


Navicula gregaria Donkin, Quart. J. Miscroscop. Sci. N. S. 1: 10. pl. 1, f. 10. 1861.
基礎異名 
その他異名 
和名ウスジオフネケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点Navicula veneta に似るが,条線を構成する胞紋列が粗く,条線は逆にやや密で,中央結節の片側が膨れている。
報告があった場所汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告も多い。
生態情報好アルカリ性 (渡辺ら, 2005)。富栄養水域や汽水域に多く出現し,α-中腐水性までの有機汚濁耐性をもつ (Lange-Bertalot, 2001)。河川では砂上に多い (大塚, 1998)。



       10μm
A: 大和川支流佐保川(奈良県)
       10μm
B: 斐伊川(島根県)

走査電子顕微鏡図版