Navicula angusta Grunow


Navicula angusta Grunow, Verh. K. K. Zool.-Bot. Ges. Wien 10: 528. pl. 3, f. 19. 1860.
基礎異名 
その他異名Navicula cari var. angusta (Grunow) Grunow in Van Heurck 1880, Navicula cincta var. angusta (Grunow) Cleve 1895, Navicula pseudocari Krasske 1939.
和名 
類似種との区別点Navicula gondwana に似るが,殻縁がほぼ平行で,より長方形に近い。
報告があった場所汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告も多い。
生態情報好清水性 (Asai and Watanabe, 1995)。高酸素要求性 (Van Dam et al., 1984)。人口が少ない地域に多い;電解質および栄養塩に乏しい弱酸性の水域;湿ったコケの上 (Lange-Bertalot, 2001)。



       10μm
A: 斐伊川(島根県)