Navicula amphiceropsis Lange-Bert. et U.Rumrich


Navicula amphiceropsis Lange-Bert. et U.Rumrich in U.Rumrich, Lange-Bert. et M.Rumrich, Iconogr. Diatomol. 9: 153. pl. 42, f. 1-12. 2000.
基礎異名  
その他異名  
和名  
類似種との区別点 Navicula rostellata よりも殻縁の膨らみが弱く,胞紋列がやや粗い。Navicula subrostrata よりも殻縁の膨らみが弱く,殻端の突出が顕著である。日本で Navicula viridula var. rostellataNavicula viridula var. rostrataNavicula germainii などとして報告されてきたものの一部は,本種のようである。
報告があった場所 汎世界種 (Lange-Bertalot, 2001)。日本からの報告が少ないのは,他種との混同のためと思われる。
生態情報 電解質が多い水域に普通;中腐水性にまで耐える (Lange-Bertalot, 2001)。



       10μm
A: 野洲川支流杣川(滋賀県)





走査電子顕微鏡図版