Luticola goeppertiana (Bleisch) D.G.Mann


Luticola goeppertiana (Bleisch) D.G.Mann in Round, R.M.Crawford et D.G.Mann, The Diatoms 670. 1990.
基礎異名 Stauroneis goeppertiana Bleisch in Rabenh., Algen Eur., Nr. 1183. 1861.
その他異名 Navicula goeppertiana (Bleisch) H.L.Smith 1874-1879, Navicula mutica var. goeppertiana (Bleisch) Grunow in Van Heurck 1880, Navicula mutica fo. goeppertiana (Bleisch) Hust. 1966.
和名 ヨコオビフネケイソウ(上山・小林, 1986)
類似種との区別点 Luticola saxophila に似るが,縦溝の中央末端は緩く曲がるのみであり,また中心域は両側とも開いて横帯をなすことで区別できる。
報告があった場所 汎世界種 (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。日本からの報告も多い。
生態情報 好汚濁種 (Asai and Watanabe, 1995)。電解質の多い水域(汽水ではない)で,特に浸透圧の変化しやすい環境に多い;陸上にも出現する;強腐水域に多いが,清水域にも稀に出現する (Krammer and Lange-Bertalot, 1986)。有機窒素を利用できる (Van Dam et al., 1984)。



       10μm
A: 大和川支流佐保川(奈良県)